モンハン ワールド 最強 武器 種。 【MHXX/モンハンダブルクロス】使いやすいオススメ最強武器を考察した

【アイスボーン】最強武器ランキング【モンハンワールド(MHW)】

モンハン ワールド 最強 武器 種

モンハン2の新武器として登場した 「太刀」。 リーチが長くモンスターに攻撃を当てやすいという長所はもちろん、抜刀中の移動速度が早く、 数ある武器の中でも使いやすさはトップクラスです。 今では、モンハンシリーズに無くてはならない武器のひとつといっても過言ではありません。 今作のモンハンワールドでは、 見切り斬りや気刃突き、気刃兜割など様々な新モーションが増え、更にスタイリッシュで迫力のある攻撃ができるようになり、一躍大人気の武器になりました。 今回は、そんなモンハンワールドにおける 太刀の最強武器13選を紹介していきます。 総合的な最強太刀から属性別の最強太刀までたっぷり紹介していきますのでご参考くださると嬉しいです。 必要素材や攻撃力、スロット数、切れ味ゲージなどの情報も共有していきます。 スポンサーリンク• なんと言っても一番の魅力は、 数ある太刀の中でもナンバーワンの攻撃力。 会心率こそ下がるものの、防御力アップが付与されているのでバランスはとれているでしょう。 属性値もかなり高いので、爆破を弱点とするモンスターには活躍します。 スロットの空きもしっかりあるので多様性も抜群です。 まとめ 今回は、モンハンワールドの 太刀の最強武器13選について紹介していきました。 武器の種類によってガラっと世界観が変わるのが、モンハンワールド。 武器ひとつで有利な狩猟になるので、ぜひ今回紹介した武器の中からお気に入りのひとつを見つけて、快適なモンハンワールドライフをお送りください!.

次の

モンハンワールドおすすめ最強武器は?MHW一番人気の種類/初心者も使いやすい/ハンマー弓ヘビィボウガンなど

モンハン ワールド 最強 武器 種

最強武器ランキング 1位:太刀 特殊納刀で連携が強化 太刀は特殊納刀により、攻撃の切れ間がより少なくなり、連携が強化されました。 居合斬りが練気ゲージ0では無敵にならないなどの弱体化も受けましたが、アイスボーンでも変わらず高水準でまとまった武器種です。 関連記事 2位:ライトボウガン 徹甲榴弾の速射が強力 ライトボウガンは徹甲榴弾を速射できる武器が強力で、KO術や砲術を積むことでスタンを取りつつ火力を出せます。 新パーツの回避装填パーツで回避しながらリロードができる点も強力です。 関連記事 3位:大剣 強化撃ちとの相性が抜群 大剣は新アクション「強化撃ち」で真溜め斬りを素早く出せるようになり、より効率的にダメージを稼げるようになりました。 一撃の威力が高く、傷ついた部位に攻撃することで更に大ダメージを出せるようになった点も優秀です。 関連記事 4位:スラッシュアックス 斧状態でも戦いやすくなった スラッシュアックスは斧強化状態が追加され、斧状態でも火力が出せるようになり、戦いやすくなりました。 また、属性解放中にクラッチクローが発動できるようになり、属性解放の大きな隙を減らすことができます。 関連記事 5位:ガンランス 竜杭砲で火力アップ ガンランスはアイスボーンで追加された「竜杭砲」による砲撃の火力アップが強力です。 竜杭砲を当てた部位に砲撃を当てる必要があるため、立ち回りは難しいですが、使いこなせば高い火力を出せます。 関連記事 6位:操虫棍 ひるみ軽減の強化が追い風に 操虫棍はひるみ軽減の効果にエキス効果の強化が付いたことで、3色エキス取得時に振動や風圧、咆哮を軽減できるので、アイスボーン前よりも安定した立ち回りが可能です。 関連記事 7位:ハンマー 頭部へのクラッチクローが強力 ハンマーは溜め攻撃からのクラッチクロー派生が増えたことで、頭部への攻撃機会が増え、よりスタンを狙いやすくなりました。 溜め攻撃直後以外ではクラッチクローに派生できない点は注意が必要です。 関連記事 8位:ランス カウンタークローが優秀 ランスは新アクション「カウンタークロー」で他武器以上にクラッチクロー攻撃を狙いやすく、簡単に傷をつけながら戦えます。 狙った部位へのクラッチは難しいですが、1部位は常に傷つけられます。 関連記事 9位:ヘビィボウガン 安定して火力が出せる ヘヴィボウガンはアイスボーン前から変わらず、散弾特化が強力な武器です。 クラッチクローからの武器攻撃で傷がつけやすい点も散弾と相性が良く、安定して火力が出せます。 関連記事 10位:狩猟笛 響音攻撃で火力も出せるように 狩猟笛は新アクションの響音攻撃で火力も出せるようになり、サポートだけの武器ではなくなりました。 また、笛吹き名人にLv2が追加されたことで、旋律効果時間がさらに延長されるようになり、旋律維持がしやすくなりました。 関連記事 11位:双剣 属性補正の低下が痛手 双剣はアイスボーンアップデート時の属性補正の低下がかなり厳しく、火力が大幅に下がってしまいました。 新アクションの使いづらさや相性の良い防具の少なさなど、扱いづらい武器種です。 関連記事 12位:チャージアックス 大きな変化が無くやや弱い チャージアックスの新アクション「斧強化状態」は強力ですが、強化までの手順が多く使いづらさも気になります。 斧強化状態以外はそこまで大きな変化が無く、やや弱く感じます。 関連記事 装備• おすすめ装備• 防具データベース• 特殊装具•

次の

モンハンワールド武器皆の評価。強い武器って何?使用人口どうなってるの?どの武器が人気でおすすめ?【モンスターハンターワールドまとめ】

モンハン ワールド 最強 武器 種

Contents• ただ 溜め中にタックルで敵の攻撃をSAで耐えるという使い方だけではなく、タックルを使うことで次の段階の溜め切りに派生することができるので、タックルを用いれば普通の溜めよりもはやく真溜めを繰り出せるなど器用な使い方ができる。 大剣といえば「抜刀術【技】」が必須級のスキルでしたが、今回は自由度が高まるかもしれませんね~。 以前のように横殴りを挟まずに溜め連携が可能 むしろなんで今まで毎回ペチっと叩くのを挟む必要があったのか。 真溜めは2回斬るモーションなので、的確にヒットさせるのが難しくなってますね。 見切り斬りが追加 長い無敵時間があるバックステップから、踏み込んで斬る。 バックステップの出だしの無敵に敵の攻撃を合わせることで特殊なエフェクトが発生し、 その後の踏み込み斬りがヒットすると練気ゲージが全回復。 さらに大回転斬りに派生ができる。 これのおかげで 太刀はモンスターの咆哮にかなり強くなったといえそうです。 しかし 発動時に練気ゲージを全部使い切る上に、見切りに成功した後の斬り払いをスカってしまうと練気ゲージが回復しないため、敵の行動を理解していないと使いづらそうですね。 気刃突き、気刃兜割が追加 白以上の状態で気刃突きをヒットさせると高火力の気刃兜割に派生する。 気刃兜割はかなり高火力な上に、ヒットさせると練気ゲージがしばらく自動回復状態になる。 しかし、 ヒットさせてもスカっても練気の色が一段階ダウンする。 気刃兜割は気刃突きから派生して発動することを考慮すると攻撃までに結構な時間がかかるので、相手の行動をしっかり予測してから突きを出さないと簡単にスカってしまいます。 これまたプレイヤーの練度が要求される、太刀らしい攻撃モーションですね。 横回避後の硬直がなくなった 今まで太刀が使いにくかった要素の1つである、 横回避の後隙が他の武器と変わらず使いやすくなりました。 優しい。 練気ゲージMAXでの点滅(切れ味補正+&一定時間最大維持)がなくなった 弱体といえば弱体ですが、ゲージ最大を気にする必要がなくなった点は個人的には嬉しかったり。 気刃斬りも使いやすくなりますしね。 しかし 旋回斬りは攻撃の角度を変えることを要求されるので、定点攻撃という点では若干微妙なところも。 個人的に片手は正確に敵の部位を攻撃しやすいところが最高の強みだと思っていたので、これはあんまり好きになれなかったり…。 ぶっちゃけ地味すぎる 過去作では片手剣メインに使っていた私ですが、今作の片手は地味すぎて初めてメインで使う気がありません。 製品版でせめて刃薬くらいは来ないと厳しいかも。 モンハン部での使用率ランキングでも12位とかだった気が…前代未聞ですね。 手数が超多いが1モーション辺りの全体Fが長いという双剣の弱点がなくなり、かなり細かく攻撃できるようになりました。 移動切りもできるので器用さはかなりのもの。 鬼人強化状態、いらなくね…? 今作は 鬼人化と鬼人強化の格差が広がってます。 まず 鬼人化状態のスタミナ減少速度が過去作と比べるとだいぶ緩和されていてスタミナ管理がしやすく、ダッシュ並の移動速度、使いやすい攻撃モーションと過去作に比べて鬼人化状態がかなり使いやすいですね。 逆に 鬼人強化状態はなぜか鬼人回避ができなくなり(普通のコロリン回避になった)、攻撃使用時のゲージ使用量が増しているためすぐに鬼人ゲージが切れます。 一回溜めてしまえば納刀やのけぞらない限り強化が続くので、上手い人ほど大きな恩恵を得られますね。 餅つき叩きつけが追加 チャンス時のラッシュに使える叩きつけが追加。 これのおかげで今回は定点火力にも期待できそう。 これによって効果維持は圧倒的にやりやすくなりました。 さらに体力が削られる威力の攻撃をガードした場合もカウンター突きなどに派生が可能。 パワーガードから派生したカウンター突きは最大溜め状態なので高威力。 そしてついに、 PTメンバーをふっとばさなくなりましたw 砲撃、溜め砲撃、フルバーストではキック同様の仰け反りに。 竜撃砲は吹っ飛びます。 これによってクエスト完了後の対人戦能力は大幅に低下。 笑 竜杭砲が追加に火力が上昇 杭を打ち込んでゴリゴリ削った後に爆発する、竜杭砲が追加。 砲撃の弾とは別に装填数が管理されていて、通常のリロードでのみ装填される。 砲撃2発目他、 フルバーストからも派生できるので火力効率&ロマンが増しましたね。 ヒートゲージが削除 やったぜ。 この状態で剣モードの攻撃を当てると追加ダメージが発生するようになる。 また、この高出力状態で属性解放突きを当てると、モンスターによじ登ってゼロ距離で発射する。 PTメンバーから見ると「あいつ何やってんだ!?」感があってかなりシュール。 アクションが軒並み4G仕様に戻ったため、アクション自体の面白さがX系から圧倒的に上昇しました。 超高出力属性解放斬りの後に属性強化状態が切れない え…?つまり超高出力ぶっぱ安定では?w これ結構強すぎ感あります。 高圧属性斬りで剣モードにも強化が追加された 属性強化状態でビンをチャージした後に剣:高圧属性斬りを使うことができる。 空中回避での空中横移動とジャンプ突進斬りフィニッシュによる舞踏跳躍で再度跳躍ができる。 しかしジャンプ突進斬りは上手くヒットさせることが非常に難しく、 調子に乗ってピョンピョンしてると過去作より増して「やりたいだけ」になりがちで、しっかり火力を意識しないと絶望的な低火力になりかねないので注意が必要。 ボウガン使いは違和感MAXですが、FPS経験者はこちらのほうがやりやすかったり。 移動しながら射撃可能に ライトはついに歩きながら普通に撃てるようになりました(弾によっては)。 起爆竜弾が追加 実質、地雷のようなタイプの特殊弾。 最大3つまで設置可能で、攻撃を当てることで爆発する。 PTメンバーの攻撃でも爆発するが、のけぞらないので心配無用。 射撃後のステップから滑り込み回避が可能に 回避距離が大幅に伸び、より安全に立ち回れるように。 まずは慣れるところからスタート…。 機関竜弾と狙撃竜弾が追加 機関竜弾はさながらマシンガン。 これはライト同様移動しながらの射撃が可能。 狙撃竜弾はスナイパーのような体勢から、強力な貫通弾を放つ。 この2つは弾選択欄の上にあるゲージを消費して使用。 まさかボウガンにゲージがつくとは…。 しゃがみ撃ちがない ついにしゃがみ撃ちがないヘビィボウガンが爆誕。 今回は普通の立ち撃ちと特殊弾を使い分けて立ち回ることになります。 そのかわりに 通常射撃が連射、剛射が拡散、竜の一矢が貫通になっているので、モーションにそれぞれの矢のポジションを割り当てた形になっているのだと思われます。 チャージステップで溜めながら回避可能に 照準中に回避するとステップしながら溜めるチャージステップが追加。 これにより短時間でガンガン溜め矢が撃てるようになっている。 個人的モンハンワールドの武器おすすめランク考察 ここからは主観ではありますが、武器種の強さを私の注目度順にランキングしてみます。 左右は武器種順で、優劣順ではありません。 今のところバランスに対して大きな不満はないので(片手と操虫棍はもう少し上向きになってほしいが)、製品版でさらなるバランスの向上に期待します! 2019-04-30 13:51 カテゴリー• 334•

次の