オリンピック違約金。 新国立競技場デザイン問題でザハ・ハディド氏への違約金が判明!

オリンピック中止の違約金ってどこから出たんでしょうか?

オリンピック違約金

都知事はオリンピック中止にするのは可能? 都知事にはオリンピックを中止にする権限は持っていません。 オリンピックを主催する団体。 というのもオリンピックが開催されると決まった際に、 開催都市とIOCで契約を結びます。 その内容に契約の解除をすること、つまりオリンピック中止の文言が記載されています。 開催国が開会式前または本大会期間中であるかにかかわらず、いつでも、戦 争状態、内乱、ボイコット、国際社会によって定められた禁輸措置の対象、 または交戦の一種として公式に認められる状況にある場合、または IOC がそ の単独の裁量で、本大会参加者の安全が理由の如何を問わず深刻に脅かされ ると信じるに足る合理的な根拠がある場合。 引用: 今回は上記の安全性の部分で問題なので、中止することは可能な状況でした。 ですがIOC側と日本側で延期を希望したため一旦は延期となっています。 もし日本の状況が変わったとして、 都知事がオリンピック中止にしたいと発言して、IOC側が認められれば、中止にすることができます。 オリンピック中止の過去事例 実は今までにもオリンピック中止になったことが 5回もあります! 下記はオリンピック中止になった歴史です。 ヘルキが代替国に。 代替国もなし。 実は過去に東京もオリンピック開催される予定だったのですが、戦争により中止になってしまっています。 ちなみに延期は今まで過去事例が無く、2020年東京オリンピックの延期が歴史上初めてです。 都知事がオリンピック中止したことによる違約金について オリンピック中止にしたら高額の違約金が発生すると言われています。 ですが違約金に関して、開催都市契約書には記載されておらず、いくらの金額が発生するということはありません。 ですのでネットにあるオリンピック中止による違約金が〇〇億円かかるというのは噂なのかもしれません。 また、過去のオリンピックが中止になった際の違約金についても調べてみましたが、どこにも書いていないので、当時も違約金が発生したということはないと考えられます。 まとめ 本日は『 都知事はオリンピック中止するのは可能なのか』や「 オリンピック中止による違約金」について解説してきました! オリンピックを延期にさせたり中止にさせる権限があるのはIOCで都知事には権限がありませんでした。 違約金についても契約書に記載がなかったので都市伝説かもしれません。 ただ、今までのオリンピック中止の理由とは今回のケースは違うので、もしかしたらどこかでお金がまた発生するかもしれません。 今後のオリンピックの動向に注目です。

次の

オリンピック中止で損害額や違約金がヤバい?経済効果も実は驚きの大きさ!

オリンピック違約金

的外れ、害、東京の破綻、及び国際的プレゼンスの低下を招く政策ばかりだ。 今日は山本太郎の悪政策を暴く企画第一弾として、東京オリンピック中止について語る。 最初に東京オリンピックの中止だが、複数の点において欠陥のある政策だ。 そもそも東京オリンピックは都民だけの税金で開催準備が進められてきた訳ではない。 2018年度時点で既に国が1兆600億円もの支出が計上していた。 これは東京都の1兆4100億円に匹敵する規模であり、スポンサー企業等が支払った組織委員会負担分6000億円を考慮すると、東京オリンピックの開催費用の半分以上は東京都以外が支払った事となっている。 Advertisement 即ち、東京都以外のステークホルダーが居る中、東京都の独断で開催中止を宣言するのは極めて身勝手で、経済全体に損害を及ぼす行為とも言えるのではないか?。 これによって、確実に東京都、更には日本のの国際信頼度も低下し、二度と国際イベントが東京で開催されない事態にもあり得る。 しかも、東京都の独断で開催中止を宣言しても、実際に開催中止を決定できるのはIOCである。 現実的にはホスト都市が中止宣言をした場合、大会の運営が困難となりますので、IOCは中止を宣言せざる得ない状況に追い込まれる。 この場合、IOC側から放送ロイヤリティ等の損害賠償を求められる可能性は高いと言える。 放映権は米国だけでも約1200億円、全世界の放映料は計り知れない額となる。 これらスポンサーや放映権に保険が掛かっている場合もあるが、IOCから違約金を求めらる事は避けられない。 これに加えスポンサー企業への損害賠償を全て東京都背負う事となる。 兆単位の負担を都民に強い、財源においても意味の無い中止になる事が明白だ。 もし一方的に東京都がオリンピック中止を決めれば、ムダ削減どころではなく、巨額の違約金をIOCから請求されることになるだろう。 それを都民が払うことになる。 「ムダなオリンピックをやめれば、都民に向けた政策の財源が確保できる」如くの山本太郎の主張は、24時間を待たずに破綻した。 正直、全く理解できない政策だ。 最悪シナリオとして、コロナウイルスの影響により、21年開催が不可能となったとしても、再延期は交渉したら十分な筈だ。 IOCも東京オリンピック開催は収入源なのだから、開催中止は絶対に避けたい訳である。 もし、中止せざる得ない状況となっても、IOC側からの中止要請ならば、東京都・日本国が損害賠償を支払う必要は無くなる。 結局、どのシナリオでも東京都側が開催中止を宣言するのはあり得ない戦略だ。 東京オリンピックは、コロナウイルスの脅威が消えた後、東京、日本、そして世界の復興を象徴するイベント、世界史に永久に刻まれるイベントとなる。 都民、国民そして世界中の人々の希望であるイベントをポピュリズム政策で廃止する事は許されない。 次回:山本太郎の悪政策を斬るー15兆円の債務でデフォルトまっしぐら。 友だち追加して通知をもらおう!.

次の

韓国がオリンピックを返上すれば違約金はいくらくらい

オリンピック違約金

この記事は、6月25日にWEZZYに掲載された記事を加筆転載したものです。 すでに都知事選は終わりましたが、東京五輪が選挙戦の争点にもなったので、記録としてこちらにも掲載します。 都知事選で東京五輪が争点の一つに 7月5日投開票の東京都知事選で、にわかに東京五輪の開催可否が注目を浴びている。 本来なら今年の7月24日に開幕予定だったのが1年延期になり、その延期期間に新たな追加予算が発生すると見られているためだ。 4月時点で大会組織委はその金額をおおまかに3000億円程度か、と言っていたが、未だに正式発表していない。 その金額では安すぎるとの指摘もあり、実際はその倍程度、5000〜6000億円とする予想もある。 組織委の当初の予算案がひたすら膨張してきた例から見て、組織委が3000億と言うなら、最終的にはその1,5倍から2倍程度に膨らむと考えるのが妥当だろう。 たとえそれが3000億円だったとしても、これはとてつもない巨額である。 今回、都はコロナ対策のため1兆円以上を補正予算として使ったが、その殆どは、都の貯金に当たる「財政調整基金」を取り崩してきた。 3月末時点で9345億円あったこの基金は、6月時点で約95%が使われ、今は500億程度しか残っていない。 五輪本番の東京都の負担金約6000億円は別途用意してあるが、追加予算についてはこの財政調整基金から出費される可能性が大きかったため、現状では財源が無い状態なのだ。 もしコロナの第二波が到来しても、同様にすでに予備費は無い状態であり、そんな状況で最終的には中止の可能性もある五輪に巨額の追加予算を投入すべきかどうか、これは都知事選で都民の審判を仰ぐべき重大な争点である。 そこで今回は、主要候補者5氏の公約、または考え方を比較してみたい。 都知事選主要候補者の五輪公約 ではここで主要候補者5氏の、新聞社等メディアへの五輪開催に対する回答を見てみよう。 ・小池百合子氏 大会の簡素化やコスト削減を図りつつ実施を目指す ・宇都宮健児氏 五輪開催中止の判断と招致以来の不正の追及 ・山本太郎氏 五輪は即時中止 ・立花孝志氏 五輪は2年後、または4年後に延期 ・小野泰介氏 五輪は4年後に延期開催 まず現職の小池氏は「簡素化やコスト削減を図りながら実施を目指す」という、穏当な回答である。 開催都市の長として、これまで準備をしてきた立場から、極めて当然の回答と言える。 だが、公式サイトには東京オリパラに関する表記はまったくない(6月22日現在)。 追加予算等について極力触れたくない姿勢がよく見える。 わざわざ簡素化やコスト削減に触れているのは、組織委同様、すでに民心が五輪から離れていることを感じ取っているからだろう。 実際に3000億とも5000億とも言われる延期費用の大半を払うのは都であり、すなわち都民の税金である。 コロナ第二波対策でも財源が必要なのに、さらに五輪に新たな税金を投入することなど、もはや都民の理解を得られないだろうと考える職員は、都庁内にも大勢いる。 だからわざわざ簡素化云々などの文言を入れ、取りあえず人心をつなぎ止めて、選挙は穏便に済ませようとしているのだ。 しかし、小池氏は、前述した都の貯金(財政調整基金)の95%が取り崩され、すでに500億となっている事実を都民に説明していない。 貯金が500億しか無いのに、どうやって五輪の延期費用を払おうというのか。 恐らくは国に出させようとする腹だろうが、現状ですでに都の資金が枯渇していることを、彼女は説明する義務がある。 開催維持としては立花氏と小野氏も同じだが、両者は来年ではなく、再来年または4年後の開催を主張している。 それだけ延期すれば、さらに莫大な追加予算がかかるが、両氏は予算面には全く言及していない。 さらに、2〜4年後ともなれば、選手村のマンション販売をどうするつもりなのだろうか。 まさか、また新たに建設しようとでも思っているのだろうか。 そもそもIOCのバッハ会長自らが5月に「再延期はない」と表明しているので、立花氏らの主張の実現性はほぼあり得ない。 ましてや2年後は北京の冬期五輪、4年後はパリ五輪が予定されている。 小野氏は共催にも言及しているが、スポンサー利権やテレビ放映権など、権利関係の調整が非常に複雑になる。 2国開催となれば、そうした利権も分割され開催する旨味も減るから、北京とパリの了解を取ることは難しく、実現可能性はほぼないと言えるだろう。 ましてやパリとは7時間もの時差があり、競技の同時進行など不可能である。 そうした実際の交渉の難しさを無視して数年後の延期論を語るのは、極めて無責任である。 あえて言うなら「空想的延期論」とでも言うべき類いであり、仮にも政治をしようとする立場の人がする話ではない。 宇都宮氏は、専門家が来夏の実施は困難と判断すれば中止、としているが、その判断をいつ誰が行うか、明確にしていない。 専門家とは誰のことを指すのか。 国内だけなのか、WHOなのかも分からない。 つまり中止宣言がズルズルと後ろ倒しになる可能性がある。 ただし、招致活動での不正解明を行うというのは弁護士である彼だけの公約であり、注目に値する。 ただ一人、即時中止を掲げるのが山本太郎氏である。 公約の最初に「東京オリパラの中止」が来ていて、「世界各国のコロナウィルスの感染状況を鑑みれば、来年の五輪開催は不可能。 五輪開催にしがみつけば、第2波、3波への正常な判断が行えず、コストも余分にかかる。 開催都市として、ハッキリと五輪中止をIOCに宣言」と非常に明確である。 国と東京都が五輪開催にこだわって、感染第一波への対応が遅れたのは疑いようのない事実だ。 専門家の間では危機が叫ばれていたのに、3月24日まで延期宣言をせず、国内の感染者を激増させた責任は非常に重い。 そして来年もまた開催にこだわれば、その二の舞を演じる危険性は十分ある。 さらに、中止しなければ刻一刻と追加費用が発生する。 3500人以上いる組織委の人件費だけでも月に20億(最終的な人数は8000人以上になるから、さらに予算がかかる)、さらに42箇所の試合会場やメディアセンターなどの借り上げ費用も、月に100億円以上ずつかさんでいく。 いますぐに中止すれば、少なくともその支出を抑えることができるのだ。 違約金の記述はない。 中止論に対する俗論を排除する 中止論に対しては、「五輪開催による経済効果数兆円が無くなるから反対」という俗論があるが、コロナ流行以前に発表された経済効果説は、いまや何の意味もなさない。 すでに明らかな通り、今年は海外からの観光客がいなくなって、インバウンド効果は完全に消滅している。 たとえ来年奇跡的に五輪を開催出来ても極めて限定的になり、以前のような集客は望めない。 今までに発表された五輪の経済効果はコロナ以前の世界での計算であり、ワクチンが世界に行き渡らない限り、すでに完全に過去のもの、机上の空論になったのだ。 だから、経済効果の消滅を理由に中止に反対するのは、まったく意味が無い。 また、日本側から中止を言い出すと、IOCに対して1000億程度の違約金が発生するという説があるが、HCC(開催都市契約書)にそのような記述はなく、都市伝説程度の話に過ぎない。 組織委も、今までそのような発言をしたことはない。 そもそもIOCはコロナ禍を認めて延期に合意したのだから、同様にコロナを理由に中止を提案すれば、かたくなに拒否するような立場にはない。 つまり、JOCと五輪組織委などの五輪貴族や、電通やスポンサー企業群などの既得権益層が自らの利益保全を計ること以外、中止に対するハードルはほとんど存在しないのだ。 都知事選の結果がどうあれ、一刻も早く無駄ガネ食いの東京五輪を中止すべきである。

次の