ゴーヤ の 栽培 方法。 ゴーヤ(にがうり)の育て方・栽培方法

ゴーヤ(ツルレイシ)の育て方・栽培方法【春植え】

ゴーヤ の 栽培 方法

ゴーヤは連作障害がほとんどありませんので気にしないでよいと思います。 しかし4年以上すると連作障害が起きる事があるらしいです。 プランター栽培なら全く関係ありませんね。 なぜ、このようになるのか言うと同じ作物をつくり続けると、土壌の成分バランスが 植えた植物を好む菌や害虫が土壌に多くいるそうですね。 ゴーヤはウリ科 連作障害で気を付けたいのはなんです。 家庭菜園で人気のあるきゅうり、スイカ、かぼちゃがうり科にあたり気づかずに連作する方もいらっしゃいます。 この辺りの植物は接ぎ木の苗がよく売っているのでおすすめです。 接ぎ木とは キュウリで例えると根本から上はキュウリですが根元から下(根っ子)が別の植物です。 理由は病気に強く連作もでき生育がすごく良いです。 スポンサーリンク ゴーヤの植える時期や育て方の環境は 最適の植える時期は5月~6月が最適と言われています。

次の

ゴーヤ(ニガウリ)の栽培方法・育て方のコツ

ゴーヤ の 栽培 方法

なぜ摘心が必要?(てきしん) 摘心とは 「摘心」とは適度に新芽を摘みとって、成長を促す方法です。 ゴーヤのつるが伸びたら、つるの先をハサミで切り取ってください。 そうすると、つるから脇芽と呼ばれる新しい芽が出て、株から新しいのつるが増えます。 なぜ摘心が必要? 摘心をすると一つのつるに新しい芽が出て、そこからつるが伸びていきます。 このつるのことを「子つる」といいます。 子つるを摘芯すると、そこからまた新しい芽が出てつるが増えます。 ゴーヤの花は、子づるの方が雌しべが多いという特性があります。 一株で多くの実を収穫するためには、子づるを伸ばしていく必要があるのです。 子づるを摘心すると、またそこから芽が出てつるが伸びていきます。 これを孫つるといいますが、 親づるから子づる、孫づると増やしていくことによって、 一株でたくさんの実を収穫できるのです。 図解(動画)で確認 ゴーヤの摘心(時期・回数) 摘心の時期と回数 ゴーヤの葉は 「根本の双葉」、 そして次に生えてくる丸い形をした 「初生葉」、 その次に生えてくる 「ぎざぎざした形の本葉」 があります。 最初の摘心は、ゴーヤの本葉が4〜5枚ついたら、 つる先をハサミで切り取ります。 緑のカーテンを作りたい場合は、本葉が9枚になるまで待ってから、 9枚目と8枚目の間のつるを切って9枚目の本葉を摘んでください。 そうすると子づるが生えてきます。 子づるは上に生えているものほど、元気がありますから、 上から3本だけ残して、他の子づるは切り取ってください。 2回目の摘心は、つるから子づるが生えてきて、 子づるに葉が7枚出たら、最初の摘心と同様に 6枚目の本葉と7枚目の本葉の間でつるを切ります。 子つるから孫つるが生えてきたら、しっかりとしたつるを2本程度残して、 ほかの孫つるは切り取ってしまいましょう。 細い孫つるを残しておくと、そちらへ栄養が送られるので、 大きい実が実りにくくなるからです。 上の方ばかり茂ると手入れがしにくいですし、 緑のカーテン効果も期待できません。 下を茂らせるように心がけましょう。 また摘心をするとつるが増えますから、栄養不足になりがちです。 しっかりと肥料をあげてください。 苗を購入してプランターに移し替え場合は、 すぐに摘心すると枯れてしまうことがあります。 植え替え後、約1週間たつとプランターの土に ゴーヤの根が定着しますから、それから摘心をしてください。 カテゴリー• 100• アーカイブ•

次の

ゴーヤの育て方と摘心のやり方【プランター栽培】

ゴーヤ の 栽培 方法

【チャンネル登録はこちら】 【再生リスト】 ジャンルごとに動画をまとめました。 家庭菜園の野菜の育て方 2. イチゴの育て方 3. トマトの育て方 4. 再生栽培 5. 水耕栽培 6. 観葉植物と苔 ベランダ菜園向けのゴーヤの育て方を説明します。 ゴーヤはグリーンカーテンとして日除けに使えます。 ゴーヤの苗は5月頃に植え付けましょう。 庭や畑に植える場合には畝を作ってマルチを張ります。 植木鉢やプランターを使う場合には、大きめの容器の方が楽なので初心者向けです。 仕立て方は園芸用の支柱を立てて、そこにネットを張る方法が一般です。 私はベランダにある物干し竿にヒモを縛って、そこに誘引しました。 これから物干し竿にネットを張って、グリーンカーテンにします。 ゴーヤの種 野菜用のプランター 園芸培土 ベランダでのゴーヤ栽培については、ベランダゴーヤ研究所のウェブサイトが詳しいのでぜひ見てみてください。 【ベランダゴーヤ研究所】 【関連動画】 きゅうりの育て方!植え付けから支柱立て、ネット張りを教えます トマトを植木鉢プランターで育てる方法!家庭菜園で簡単にミニトマトも栽培できる 【チャンネルの紹介】 家庭菜園や農業、野菜やいちごの育て方に関係した動画を主に投稿しています。 ベランダ菜園を始めてみたい方や水耕栽培やLED栽培に挑戦したい方は、ぜひチャンネル登録をしてください。 実家は長野県で果樹と野菜が中心の農家です。 2007年から信州大学農学部と信州大学大学院農学研究科で、イチゴの研究をして農学修士号を取りました。 2013年からJICA青年海外協力隊の野菜栽培の指導者として、中米パナマ共和国で2年間活動しました。 2015年から個人事業主として独立し、イチゴや野菜ビジネスの農業コンサルタントとして日本と海外(アジア、南米、東アフリカ)で働きました。 2019年に事業を法人化し、今は農業コンサル企業を経営しています。 詳しいプロフィールはブログを読んでください。 リアルタイムな情報はTwitterで発信しています。 ぜひ、チャンネル登録をよろしくお願いします!.

次の