毛穴 黒ずみ 敏感肌。 敏感肌・乾燥肌のための毛穴スキンケアランキングBEST10

毛穴の黒ずみに! おすすめクレンジングバーム&ゲルとスキンケア7選

毛穴 黒ずみ 敏感肌

開き毛穴・たるみ毛穴 詰まった角栓がニキビなどの炎症を引き起こすと、毛穴の周りの皮膚組織に悪影響を与えがちになる。 その結果、毛穴周辺の皮膚が正常に育たなくなり変形し(線維化)、 毛穴自体のサイズは変わらないのに毛穴が大きく開いて見えてしまうことに。 たるんでくぼんでくると、そこが影になって見えるため、汚れなどがいっそう黒く見えて目立ちやすくなる。 開き毛穴も表面積が広がる分、同様に目立ってしまう。 うぶ毛毛穴 黒ずみのようにみえる毛穴のなかには、毛穴の中で抜け落ちたうぶ毛が角栓のせいで外に排出されず、角栓中に埋没している場合も。 たるみ毛穴を除く上記はすべて角栓が招いた結果。 よって、対策はたったひとつ、 角栓の除去を徹底することに尽きる。 【2】毛穴汚れとなる角栓ができてしまう原因とは? 1. 紫外線 紫外線は皮脂分泌を増加させ、角栓を詰まりやすくする。 春~夏は気温・湿度の上昇も重なり、皮脂分泌が増えるとともに、ターンオーバーの乱れが生じて角質肥厚が起き、角栓が詰まりやすい。 そのまま放置した角栓は、紫外線によって 酸化し、黒ずみ毛穴として目立ってしまう。 夏は日焼け止めをしっかり塗る分、洗い残しによる汚れや古い皮脂などのおそれも。 汗で化粧も崩れやすく、皮脂と混ざり合って角栓になりやすいので要注意。 また、UVケアを怠りがちな春先の2~3月頃も、実際には紫外線量が増え始める頃なので盲点となりやすい。 乾燥 冷房や紫外線による乾燥も肌のバリア機能を下げ、ターンオーバーを乱すことで角質が溜まりやすくなった結果、角栓が詰まりやすくなる。 皮脂は元々、皮膚のバリア機能を保つために存在しているので、乾燥すると皮膚が皮脂を必要とし、皮脂分泌量を増やしてしまう。 不規則な食生活 食後にすぐ血糖値を上げてしまう高GI(グリセミック・インデックス)値の食べ物は、皮脂分泌を悪化させることに。 同じ炭水化物でも白米や食パンではなく、玄米やライ麦パン、全粒粉パンといった低GI値の食品を選ぶのがベター。 砂糖を使用したお菓子はGI値が高いので注意する。 逆に皮脂分泌のバランスを整えてくれるのはビタミンB2とB6。 それらの入った食材やサプリを選ぶのもいいが、やはり理想は一汁三菜を基本とする、 低GI値で栄養バランスのとれた日本の食事を正しくとること。 ストレス、ホルモンのバランスの乱れ 人はストレスが高まると交感神経が優位になり、体が緊張して戦闘状態になる。 そうすると副腎皮質ホルモン(主に男性ホルモン)が活発化され、皮脂が過剰に出て毛穴が詰まりやすくなるケースも。 生活リズムの乱れ 生活リズムによっても皮脂のバランスは変わってくる。 睡眠不足を含む不規則な生活の変化は自律神経の乱れを引き起こし、4のホルモンバランスの乱れにつながるので、日頃から規則正しい生活を心がけて。 また、角栓が一時的に押し出されたところで、皮脂を必要とする皮膚が慌ててまた皮脂を作ろうとしてしまうので、やはり無理やりつまみ出そうとする物理的な刺激は避け、根気よいケアを目指そう。 一見ツルッとキレイになった気がするけれど、皮膚の老廃物が出ている訳ではなく、パックの製剤自体が固まって出ているだけだそう。 そのときは快感でも、ガムテープを貼って剥がしているのと同じような状況だと捉えてみて。 やりすぎると肌がもつ天然の保湿成分も一緒に出ていってしまい、乾燥が進んでバリア機能が下がってしまうので、適切な時間内に終えること。 朝晩の2回が基本。 逆に、洗いすぎを恐れて朝はお湯だけしか使わない、というケースもNG。 寝ている間も皮脂分泌は起きているので、朝は朝でキレイに洗う必要がある。 大事なのは、古い油を落として適切に補う、そのサイクルを整えてあげること。 これをやるなら、少し温めた自分の手でクルクルしてあげる方が、刺激なく優しく行えておすすめだそう。 無理なくしっかり毛穴を開かせることもできておすすめ。 できるときに積極的に使おう。 超音波振動でプラスとマイナスの電流を交互に流し、毛穴の奥深くから汚れや油脂、メイク残りを取り除いて黒ずみを除去。 古い角質を化学的に溶解させることでターンオーバーが早まり、古い角質を押し上げる効果が期待できる。 ターンオーバーが早まれば元々あるメラニンも排泄されていくので、美白的にもいいそう。 これと同様に顔のうぶ毛を脱毛し、毛穴そのものをなくしてしまう美容医療が、毛穴の根治療法として実は有効とされている。 どうしても毛穴の広がりが治らない、たるみ毛穴が気になるという人は最終手段に選んでも。 なお、脱毛ではなくシェービングで得られる効果はというと、シェービングで古い角質は除去できるものの、毛穴につまった角栓までは取り除くことはできないと「ウビクエ」トレーナー尾崎奈津代さん。 「シェービングで表面のうぶ毛を取り除くことはできますが、うぶ毛毛穴の改善は困難です。 広がった毛穴やうぶ毛毛穴を小さく目立たなくするには、やはり角栓を取り除く必要があります」(尾崎さん)。 また、セルフでのシェービングの際は肌を傷つけないように細心の注意を払って。

次の

【意外に簡単?】毛穴のある肌を綺麗にする3つの方法で黒ずみも解消!

毛穴 黒ずみ 敏感肌

足の毛穴が汚くなるワケは? 足の毛穴が汚いとか、目立ってしまう主な原因は 色素沈着です。 色素沈着とは皮膚の色がメラニンの異常増加によって黒ずみができてしまうこと。 日焼けをしたり、肌に強い刺激が与えられると発生するのが色素沈着の特徴です。 メラニンは色素沈着を発生させるので肌に悪いのではないかと思ってしまいますが、まったくメラニンがないと肌が刺激に対して抵抗できないので、メラニンそのものは必要な成分だといわれています。 しかし、過剰にメラニンが増加してしまう状況は、黒ずみの原因になるので決して好ましくありませんよね。 足の毛穴が色素沈着に・・ 色素沈着は日焼けだけでなく肌の内側が傷つく行為でも発生します。 具体的な例として毛を抜くという行為がありますが、毛を抜くと皮膚の内部が傷つき炎症を起こしてしまいます。 炎症を起こすと毛穴が赤くなり、やがて肌の奥でメラニンが増加してシミになります。 毛穴の奥で色素沈着が発生し黒ずみになってしまうという仕組みですね。 黒ずみが発生する原因となっている色素沈着が起こらないように気をつけましょう。 足の毛穴をなくす方法 足の黒ずみ毛穴の対策方法として、始めに行いたいのは 日焼け止めです。 メラニンの異常増加で黒ずみが発生するので、紫外線を肌が吸収しないように日焼け止めを塗るのは効果があります。 季節や天気によって塗る時間や回数も変わってくるので、出かける前にスタンダードな日焼け止めを使い、外出先では簡単に日焼け対策ができるスプレーなどを併用するとメラニンの分泌を効果的に抑えることができます。 手軽にできる黒ずみ毛穴の対策方法はもう一つあります。 それはきちんと 睡眠をとることです。 寝不足状態が続くと肌のターンオーバーが遅れてしまうので、毛穴のトラブルが多くなってしまいます。 肌を新しい肌へと変えるには、十分な睡眠をとって成長ホルモンを分泌させる必要があります。 睡眠不足は肌の免疫力も低下するので、毛穴の状態も悪くなりやすいです。 睡眠時間が少ないと肌に対して様々なデメリットが生まれてしまいます。 しっかりと肌を回復できる睡眠時間をとりましょう。 足の毛穴が赤くてブツブツ! 足の毛穴が赤く目立つ理由は 炎症です。 肌が弱い人が毛抜きやカミソリを使うと肌に細かい傷ができます。 この細かい傷に細菌が入り込んで炎症を起こしたときに毛穴が赤くなります。 足の毛穴が炎症するときは、ムダ毛処理が直接的な原因になっていることが多いようです。 角質が毛穴に詰まってしまったり、皮膚の中に毛が埋まったまま埋没してしまう場合もあるので、毛抜きを使ったムダ毛処理はやめておいたほうがいいでしょう。 カミソリを使ったムダ毛処理も、気をつけないと赤い毛穴を作る原因になりやすいです。 入浴のついでにボディソープや石鹸でムダ毛処理を行ったり、肌の保湿をせずに古いカミソリを使うと肌が傷つき炎症してしまいます。 毛穴の炎症が酷くなると毛嚢炎という症状になります。 ムダ毛処理が原因で毛嚢炎になるときは、黄色ブドウ球菌が傷ついた肌から入り込んで起こることが多いです。 毛嚢炎の症状が酷いときは痛みや痒みに繋がり、場合によってはそこから色素沈着して黒ずみになることもあります。 すねや太ももの赤くて小さなブツブツに注意! すねや太ももがお風呂に入るとかゆくなったり、お風呂上りに湿疹のようなものができて痒くてたまらない、そんな症状は「 皮脂欠乏性湿疹」かもしれません。 お風呂上りに常に保湿していない人で、特に脚が乾燥している人はなりやすく、加齢が原因のひとつになることも。 赤くて小さな発疹ができて、かゆみを伴うので夜眠れなくなる人も。 脚だけでなく、肩の後ろにコイン状に発疹が出る場合もあります。 いちばん早く治すオススメの方法は、皮膚科に行って保湿剤を処方してもらうことです。 ヒルドイドやプロペトなどの保湿&血行促進の塗り薬やステロイドが入った塗り薬(リンデロンなど)を塗ると治りも早くなります。 足の赤い毛穴をなくすには? 足の赤い毛穴に対して、まず行いたい対策方法は 保湿です。 足のムダ毛を処理した後は肌の表面を守っている角質が無くなっています。 その理由はカミソリで肌を傷つけてしまっているからです。 赤い毛穴には化粧水で水分を与えて乳液でコーティングしてあげましょう。 保湿が十分じゃない肌はとても乾燥しています。 習慣的に保湿することを心がけておくと、徐々に肌の状態が良くなりますよ。 常日頃から肌の潤いを持続してカミソリに負けない肌を手に入れましょう。 太ももの毛穴が目立つ!修復するには・・ 一度傷ついてしまった足の毛穴は、修復させる必要があります。 とくに範囲の広い太ももは毛穴が目立つと見た目にも困ってしまいます。 目立った毛穴をどうにかしたいときは肌の回復を目指します。 肌の回復を促すのは 血行です。 ミストサウナや入浴で血行を良くして肌のターンオーバーを促進させることで、肌の回復力を上げることができます。 マッサージでも血行を良くすることができますが、肌の状態によっては逆効果になってしまうので肌の状態を見て判断しましょう。 肌が敏感な場合は、摩擦を軽減するマッサージオイルを使って行うといいでしょう。 ふくらはぎの目立つ毛穴、ここに注意 ふくらはぎの毛穴が目立つと、生足はもちろんスカートをはくのも嫌になってしまいますよね。 ふくらはぎの毛穴をなるべく目立たせないように一番気を付けたいことは、ムダ毛の処理の仕方です。 ムダ毛を自己処理するときは、気をつけたいことがいくつかあります。 まずカミソリを使う場合は 入浴後が好ましいです。 入浴後の肌は清潔なので、ムダ毛を処理する肌のコンディションとして最適です。 肌にシェービングクリームを塗ったら、清潔なカミソリで毛の流れに逆らわずカミソリを動かし、処理が終わったらボディクリームで保湿するといいでしょう。 ちなみに、剃るときに石鹸やボディソープを使うと、乾燥を招くのでNGです! おすすめなのが、除毛クリームを使ったムダ毛処理。 カミソリよりも足の毛穴が目立たなくなりやすいです。 除毛クリームを使った処理は、毛を溶かしたり再発毛までの時間を長くしてムダ毛を処理するという方法なので、毛穴への負担が軽いですよ。 足は処理しにくい位置にムダ毛が生えているときがあるので、そんな場合にも除毛クリームは効果的です。 ただし除毛クリームは敏感肌やアレルギーを持っている場合、肌荒れを起こしてしまうときがあります。 使用する前は一度、肌に合うのか確認してから使いましょう。 足の毛穴を消すには・・とにかく「保湿」 足の毛穴を予防するには肌のターンオーバーを促すために睡眠を多くとったりするのは勿論ですが、毛穴を引き締めた後で肌を乾燥させないスキンケアが必要です。 肌は水分と油分のバランスが取れている状態が理想ですが、気候の変化や様々な要因によって肌が乾燥してしまうと、肌トラブルが発生します。 毛穴が目立たないように入浴後や発汗したあとは肌の乾燥を防ぐため、なるべく早く 保湿ケアを行いましょう。 足の毛穴に、ニベアもおすすめ 足の毛穴が目立つ時はニベアもおすすめ。 保湿ケアは化粧水をつけてから美容液や乳液を塗りこむのがキホンです。 足を化粧水で潤して、その水分が飛ばないように美容液などで足を保護することで足の潤いを長く保つことができます。 毛穴を予防するスキンケアのポイントは肌を酸化させる皮脂や角質を落とし、肌の表面を清潔にして、乾燥を防止する肌ケアをすることです。 手間のかかることですが、丁寧にケアすることで毛穴が目立たない綺麗な足に近づけることができます。 手間を省きたい人は、オールインワンタイプのスキンケア用品を使うという手もあります。 足の毛穴や色素沈着、悩むなら皮膚科へ 自宅で色々やっても 足の毛穴が消えない、なかなか改善しない、そんなときは 皮膚科を受診することも考えましょう。 皮膚科では医師の診察が行われ、現在の毛穴の状態がわかりますし、今後の対処法も教えてもらえます。 クリームを使った保湿治療や毛穴のピーリング、レーザー治療など自宅では難しい施術を行うことで皮膚の状態を正常に近づけることができます。 施術前の肌を写真に撮り、施術経過がわかるようにしている皮膚科が多く、通院を繰り返す度に肌の状態が良くなっていることを実感できます。 皮膚科の通院は月に一回程度のペースなので、皮膚科で足の毛穴が良くなるというよりは、自宅で行える適切な毛穴ケアを学び、通院した際に自宅で行った毛穴ケアが間違っていなかったかを確認するという意味合いが強いですね。 肌の状態によっては専門家にしかわからない稀なケースもあるので、自己流の毛穴ケアで肌の状態が改善されない場合は、一度皮膚科に診てもらったほうがいいでしょう。 皮膚科に通うというのは大げさかも・・できればエステでどうにかしたい、という方にはシーズ・ラボがおすすめ。 エステと医療が融合した「メディカルエステ」で、毛穴も色素沈着も同時にケアできます。 初めての方なら お試しプランも。

次の

毛穴の開き・黒ずみのケア対策 敏感肌・トラブル肌にYH化粧品

毛穴 黒ずみ 敏感肌

[目次]• 鼻の毛穴の黒ずみの原因 鼻の毛穴が黒ずんでしまう理由としては、いくつかの原因があるようです。 順に見ていきましょう。 毛穴につまった角栓• 産毛の色素• 毛穴付近の色素沈着(メラニン毛穴) 鼻の毛穴につまった角栓 毛穴が黒ずんで見える主な原因は、毛穴につまった「角栓」です。 鼻を問わず毛穴には皮脂を分泌する皮脂腺があります。 皮脂というのは、傷つきやすい肌を紫外線や外気から守る役割を持っており、個人差はあるものの必ず分泌されます。 正常な状態であればなにも問題がないのですが、過剰に皮脂が分泌されてしまうと、毛穴の中につまりやすくなります。 さらに、新陳代謝によって発生した古い皮膚やメイク汚れなどが混ざり合うことで生じる物質が角栓と呼ばれています。 時間があまり経過していない角栓は黒くありませんが、これが空気によって酸化してしまうことで黒く目立つ角栓となってしまいます。 ひどくなると、鼻の頭や小鼻にブツブツと目立ってしまう「いちご鼻」と呼ばれる状態になることもあります。 産毛の色素が濃い 角栓が原因でない場合、肌の産毛が黒ずみの原因になっていることがあります。 特にスキンケアをしても黒ずみが改善されない場合は、産毛が黒ずみの原因になっていないか疑ってみましょう。 普段はあまり目立たないことがありますが、よく見ると肌には多くの産毛が生えていることがあります。 産毛の色素が濃いと毛穴が黒く目立ちやすくなることがあります。 このような場合は、産毛を剃ることで解決することもありますが、自己流で産毛の処理をしてしまうと肌を傷つけてしまい、炎症を起こしてしまう可能性があるようです。 適切にケアをできない時には、シェービングができるサロンなどで処理をしてもらうことが望ましいでしょう。 皮脂が酸化し色素沈着を起こす(メラニン毛穴) 角栓や産毛がなくても毛穴に黒ずみがある場合は、毛穴の皮脂汚れが酸化し、色素沈着して黒くなってしまったことが考えられます。 紫外線によって皮脂が酸化すると、毛穴の周囲に活性酸素が発生し、それによりメラニン色素の生成が増えるといわれています。 そのため、「メラニン毛穴」と呼ばれることもあるようです。 鼻の頭は、他の部分に比べて皮脂の分泌が活発になることから色素沈着をしやすいといわれています。 そこにターンオーバーの乱れが加わるとメラニン色素の排出ができず肌にとどまってしまい、さらに毛穴周りが黒ずんで見えてしまいます。 このように鼻の毛穴の黒ずみには複数の原因があり、解消するための方法も異なりますので注意しましょう。 毛穴の黒ずみの正体を見分ける方法 では、毛穴の黒ずみの原因が何なのか見分けるにはどうしたらよいのでしょうか。 毛穴に角栓がつまっていたり、毛が埋もれた状態の場合、指で触るとザラザラとした感触があります。 角栓による毛穴の黒ずみが気になる場合は、つまりの原因である古い角質や汚れを毛穴にためないよう「角質ケア」を行うことが大切です。 また、産毛による黒ずみの場合、丁寧にシェービングすることで産毛や余分な角質を落として、明るい肌色を取り戻すことができるでしょう。 色素沈着による黒ずみの場合は、表面がつるつるしていたり、毛穴がややくぼんでいることが特徴です。 色素沈着の場合は熱心に角質ケアを行っても効果が出ません。 毎日の正しい洗顔や保湿ケアに加えて、メラニンを作らせない「美白ケア」を取り入れましょう。 次に、毛穴の黒ずみのケア方法を原因別にご紹介していきます。 角栓による黒ずみのおすすめケア方法 角栓による毛穴の黒ずみは、一度皮膚科などで角栓を取ってもらうのもよいでしょう。 自宅でのお手入れとしては、角栓を作らせない角質ケアが大切です。 オイルクレンジング 角栓は皮脂や古い角質のほか、メイク汚れが蓄積されて作られます。 毎日メイクをしている人は、洗顔だけでなくクレンジングでメイクをしっかり落とすようにしましょう。 クレンジング剤にはさまざまな種類がありますが、角栓が気になるときのケアにはクレンジングオイルがおすすめです。 クレンジングオイルはミルクやジェルよりも界面活性剤が多く含まれており、濃いめのメイクや皮脂汚れ、古い角質などもすっきりと洗い上げることができます。 また、オイルで毛穴の周りの皮膚を柔軟にすることで、角栓の自然な排出をうながすことができるようになります。 クレンジングオイルを使用するときは、「乳化させること」が大切です。 オイルを顔全体にやさしく馴染ませてから、少量の水をまぶしてオイルを白くしてから落しましょう。 これによってオイルが「水と油が混じり合った状態」になり、汚れをしっかり落とすことができます。 乳化させたあとは、しっかりとすすぎを行いましょう。 蒸しタオル 鼻の毛穴から角栓を取り除くには、毛穴を開くことも大切です。 そこでおすすめなのが蒸しタオルを使ったケアです。 蒸しタオルは、熱と蒸気で毛穴を開かせるとともに、角質をやわらかくし、毛穴につまった汚れや角栓を浮き上がらせる役割を果たします。 メイクを落とした後、以下の手順で行いましょう。 フェイスタオルを水に浸し、軽く絞ってからおしぼりのように巻きます• 500wか600wの電子レンジで30秒~1分ほど加熱します• 火傷に気をつけながらタオルを取り出し、あごに当てるなどして温度を確認します• 熱すぎない温度まで冷ましたら顔全体にあて、3分ほど置きます• 蒸しタオルを取り、洗顔または化粧水や乳液で保湿ケアを行います 正しい洗顔 毎日、なんとなく顔を洗っているという人は、洗顔方法も見直してみましょう。 角栓を落とそうとゴシゴシ力をいれて肌をこすったり、熱いお湯ですすいだりしていませんか? 洗顔料はよく泡立て、手と肌の間で泡をクッションにするようにして洗います。 皮脂の多い部分からやさしく洗い始め、乾燥しがちな目元や口元は泡を乗せるだけでも十分です。 洗顔後はすぐに保湿ケアをすることも忘れないようにしましょう。 なお、角栓が気になるからといって、洗いすぎるのは逆効果です。 洗顔は朝・夜の2回にとどめましょう。 洗顔の頻度を増やすと肌のバリア機能が低下し、乾燥の原因となることがあります。 乾燥すると肌はよりいっそう皮脂を分泌するため、角栓ができてしまう原因になります。 角栓は無理に押し出さない! 鼻に角栓ができてしまうと、ついつい無理やり押しだしたくなる気持ちになってしまう人が多いようです。 しかし、無理に角栓を絞りだすと、毛穴にクレーター状の穴ができてしまい、そこにさらに皮脂がたまりやすくなってしまいます。 紫外線の影響も受けやすく色素沈着を引き起こしかねません。 無理に角栓を絞り出さないようにしましょう。 色素沈着(メラニン毛穴)による黒ずみのおすすめケア方法 色素沈着による毛穴の黒ずみは、原因となるメラニンの生成を防ぎ、排出を促すことが大切です。 美白ケアのポイントをご紹介します。 生活習慣を整え、ターンオーバーを促す 色素沈着の原因となる過剰なメラニンを体外へ排出するには、肌の生まれ変わり、すなわちターンオーバーを正常化させることが大切です。 質の高い睡眠を取るなど生活習慣を見直すとともに、軽い運動やストレッチを取り入れたり、湯船にゆっくりつかることで代謝を高める工夫をしましょう。 すこやかな美肌をつくるには食生活も大切です。 タンパク質や脂質、糖質、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく取るとともに、美白や抗酸化に役立つ以下のような栄養素を含む食べ物を積極的に取りましょう。 ビタミンC…レモンやトマト、パプリカ、アセロラなど。 メラニン還元作用があります• ビタミンE…ナッツ類、アボカド、えごまなど。 肌の代謝を高めます• L-システイン…大豆、小麦胚芽、はちみつなど。 メラニンの排出を助けます• リコピン…トマトやスイカなど。 活性酸素を除去する作用があります• アスタキサンチン…サーモンやエビ、カニなど。 抗酸化作用やメラニン抑制効果があります• エラグ酸…ざくろやベリー系の果物など。 ポリフェノールの一種でメラニンを抑制します 紫外線対策を忘れずに 紫外線を大量に浴びると、メラニンの生成が促進されてしまいます。 日差しが強くなる季節はもちろんのこと、日ごろからUV機能のある下地やファンデーションを塗る、帽子や日傘を活用するなど紫外線対策を忘れないようにしましょう。 美白化粧品でスキンケア スキンケアでは、正しい洗顔・保湿ケアを心がけるとともに、美白成分配合の化粧品を取り入れてみましょう。 美白化粧品は基本的に「メラニン色素の生成を抑えることによりシミ・そばかすを防ぐ」ことが目的ですが、メラニン毛穴をこれ以上悪化させないためにも活用するとよいでしょう。 ここでは、美容成分の一部をご紹介します。 ビタミンC誘導体…メラニンの生成を阻害し、すでにあるシミを還元。 抗酸化作用、炎症抑制作用もある• アルブチン…メラニンを生成する酵素に働きかけ、シミの生成を阻害• プラセンタエキス…メラニンの生成を抑制するとともに、ターンオーバーを促進 色素沈着の改善に効果があるとされる成分のなかには、主に医療機関で処方されている「ハイドロキノン」と呼ばれる成分もあります。 ただし、別名「肌の漂白剤」と呼ばれるほど漂白成分が強く、誤った使い方をすると赤みや刺激、かぶれなどの症状が生じることもありますので、医師の指導にしたがい、正しい用法を守って使うことが大切です。 詳しくは、をご覧ください。 定期的にピーリングを行う 肌のターンオーバーを促すには、古い角質や老廃物を溶かして肌の再生を促すピーリングも効果的です。 石けんや化粧品などピーリング効果のある商品を活用すれば、自宅でも行うことができます。 ただし、ピーリングは頻繁にやりすぎると肌に赤みがでたり、乾燥が進むなど肌トラブルの原因となりますので、使用法や回数をきちんと守って使うようにしましょう。 医療機関でケアを行う 色素沈着タイプの黒ずみは、皮膚科や美容外科に相談するのもおすすめです。 肌のターンオーバーを促進するケミカルピーリングや美白成分を肌の奥に届けるトリートメント治療、メラニン色素を除去するレーザー治療などがあります。 病院や使用する機械によって効果が変わってきますので、医師としっかり相談をしながら進めていきましょう。 まとめ 鼻の毛穴が黒ずんで見える原因は「毛穴につまった角栓」「産毛の色素」「毛穴付近の色素沈着(メラニン毛穴)」と複数あります。 それぞれ対処法やケア方法が異なってきますので、まずは自分の黒ずみがどのような原因で起こっているのかを見極めることが大切です。 指で触ってみてザラザラ、でこぼこしているようであれば、角栓か産毛による黒ずみです。 角栓が原因となっている場合は無理にしぼり出そうとせず、正しいクレンジング・洗顔や蒸しタオルなどを活用して自然な角栓の排出を促しましょう。 また、産毛が原因となっている場合は、シェービングをすることで解消することができます。 触ってもザラザラしない場合は毛穴の周囲に色素が沈着する「メラニン毛穴」と呼ばれる症状になっていますので、紫外線対策や美白ケアなどを取り入れながら改善していきましょう。

次の